こんなとき、こんな手続き

就職したとき

その日から組合員になります。

地方公共団体の職員となった人は、その日から、共済組合の組合員になります。組合員になると、組合員証等が交付され、掛金を収めることになります。同時に共済組合の各種給付が受けられ、福祉事業の利用が可能となります。

関連項目はこちら
組合員(共済組合のしくみ)
組合員証等(共済組合のしくみ)
保健事業(福祉事業)
貯金事業(福祉事業)
貸付事業(福祉事業)

↑このページのトップへ